2014年10月25日

勝ってますよ〜!

 や、今年のタイガースには驚くばかりです。まさかのCS勝ち抜け、しかもジャイアンツ相手に4タテくらわしての勝ち抜け、そして日本シリーズは先制しちゃって、勝っているという……。
 こんなの、私の知ってるタイガースじゃない! 奴らは大事な試合をぽーーんと落として、はいサヨウナラの筈。それが今年はどういうことなんでしょう。も、びっくりです!! そして、ダンナほど気合は入ってないものの、何だかうれしいです。
 そしておまけに、今日母校が地区大会で勝ちまして、夏春連続で甲子園に行けそうです。奴らもタイガースにそっくりで、この一試合さえ勝ち抜けば、という大事な試合にいつも負けるのに、今日はあっさり勝利。予想は外れて拍子抜けもいいとこです。
 しかし、こんなにいつもは弱いチームが勝ってしまうなんて、何か天変地異が起こらなければいいのですけど(笑)。とりあえず心配しているのは、大規模な避難訓練をしたらしい富士山の噴火とか……や、不謹慎でした、ごめんなさい。
 っていうか、そんな感じにいろいろとうまく行き過ぎてちょっと面喰っているのでした。
 でも、復活当選のお知らせはない!! なんでだ!!

posted by りょう at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

まだまだだった

 サボってますが、生きてます。とは言え、会社で組織編成の変更があってちょっと焦ってます。今回は今までとあまり変わらない業務の部署になったので、そんなに焦ることもないのかもしれないんですが、この先どうなるか判らないし、仕事は続けたいものの、会社の言うなりになる順応力やら体力はないし。あー困ったな、って程度には焦ってます。若い頃にいろいろ経験して何でもできる人間になっておかなかったこと、本当に後悔してます。やり直せるならやり直したいくらい。勉強も今度はもっとする……って辺りがちょっと怪しい感じもしますが(笑)。
 さて、こんな話ではなく、実は嵐さんのハワイライヴをレポしたWSの映像、改めてもう一度、しかも一気に全部見たんです。いい加減時間もたったし、もう感情が動くこともないだろうと思って。
 が、ダメでした。
 どのWSもバカのひとつ覚えのように(失礼)おんなじ映像ばっかり流して駄目を押すすせいか、どんどん気持ちが塞いでしまって、しまいには「どうせ私はハワイにもLVにも行けなかったからね!」「除け者だからね!」という気持ちになり、大変悲しくなりました。
 彼らは挨拶やメッセージの中で、どちらも参加できなかった人のことにも触れて、「そういう人の気持ちも受け取った」的なことを言ってたけど、本当の気持ちは絶対判ってないと思います。どんなに悲しいか、どんなに悔しいか、そして、どんなに情けないか。判ってたら、「来れる人だけ来て」「当たった人だけ見て」なんて薄情なことできないはずですもん。……そういえば、10周年の国立は落選したし、15周年はこんな感じで終わったし、5年後、20周年を祝うことはできるのかしら。できないに1000円かけてもいいです(笑)。
 奇しくも今日は東京と札幌の当落発表日。
 いい加減、ライヴに行ける行けないで動じることのない、ライトなファンになりたいです。ホント、なれないかなぁ……。

posted by りょう at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

だいぶ反省した

 今日は当選した友人のところへ、チケット代を届けに行ってきました。
 そこでひとしきりお喋りをしたのですが、私が当選の続く彼女が妬ましいように、彼女も自由に遊びに出かけている私を羨ましがっていることに気が付きました。
 彼女の家族は病気で障害の残ってしまったお義母さんや、まだ中学生の息子さんにペットのわんこがいて、更にその上商店を営んでいます。それもおかみさんである彼女が軽く遠出できるほどの自由がない自営業。
 私が「いつでもいいから取れたところのチケットでライヴに行く! 都合ならライヴに合わせる!」的な心構えでいるのに対し、彼女はいつも仕事や家族の予定を考えながらの参加(っていうか、嵐の場合は『申し込み』/爆)だし、地元で省吾のライヴが2日連続であっても、どちらか片方にしか参加しません。
 確かに彼女の言うように、私は自分の希望通りに出かけているし(ありがとう! ダンナ!)、今年は家族で旅行したし、もう一度今度はダンナと二人での旅行も計画中です。「私、ここ何年か旅行なんて行ってないもん。ライヴでお泊りなんてできないもん」と言われたときにはっとしました。
 まぁ、だからと言って、当選ばっかり出る(当然のことながら、今日もそういう話になったんだ〜! ワクワクの当選率は10割だって!!)友人のことを妬む気持ちはなくなりませんが、私が妬ましいように、彼女も同じなんだと、多少「ごめんよ」という気持ちはわきました。
 どうしても「自分じゃないもの」が輝いて見えるものなんでしょうね。
 でも、私はやっぱり「当選メール」が欲しいけどね(笑)。
 来年、一度くらいは受信できますように!! ……って、もう来年の話かい!!

posted by りょう at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

いろいろ不届きなワタクシ

 昨日は嵐さんのコンサートチケット当落発表日でした。
 今回は「発表日を忘れていた方が当たる」というジンクスにかけて、申し込むときに発表日を見ませんでした。なので、去年の例から言って10月だろうとは思っていましたが、何日かは気にしていませんでした。それなのに、前夜いつものようにネットを彷徨っていたら、「明日は嵐の当落発表日」という書き込みを見てしまって、「あ〜あ」な気分でした。お蔭で夜は眠れないし、朝が来たら来たで気になっちゃって、あれこれ考え過ぎちゃうし。散々でした。
 でも、あくまで「忘れているつもり」の姿勢は崩さず、スマホを遠くに追いやって音楽を聴いていましたら、ムスメが「携帯見た?」と部屋に入ってきました。
 発表があったんだとわかりましたが、自分の落選メールを確認するのが嫌で(おい!)しばらくためらっていましたら、一緒に行く友達が当選したというメールを私とムスメに送ってくれていたんです。
 ほら、あの友達ですよ、よく当たる彼女。ワクワク全部出席の、ちょっと人の気持ちを察することが苦手なタイプの彼女。
 また当選なの!? と思いつつ、ムスメのところには結果が届いているのか聞くと、落選だったと。そして、その時私のところはまだ来ておらず……。
 とにかく今度は友人の当選で、友人本人と友人の息子(中学生男子もまだ嵐なのか!?)、私とムスメの分が確保できたので、張りつめていたものが一気に解かれました。
 でも、何だかうれしさが少なくって……。
 昨年のアラフェスとLOVE魂は友人も玉砕しましたが、彼女、その前のPOP魂をFCでゲットしているんです。FCでの当選が2年に1度、ローチケ、ぴあを使ったワクワクに至っては100%当選です。変わってムスメはというと、2010年の風景魂に当選してから一切なし。FCもローチケもぴあも全部。随分待たされて届いた私宛のメールも落選で、私に至っては、FC入会以来当選なし! です。
 そして、昨年2度コンサートに行った別の友人に結果を確かめてみましたら、「2回に1回は当たる」と豪語していた以上の結果らしく、彼女も友達も当選して2日連続で参加できるそうです。
 私は彼女たちに「何でそんなによく当たるの?」と聞き、彼女たちは「何でそんなに当たらない位の?」と聞いてきます。
 全く同感です。どうしてこんなに差があるんでしょうか。
 や、今回は行けるわけですから、文句を言うつもりなんて全くないんですが、一度でいいから当選メールを受け取って、「やった!」と歓喜に浸りたい、ただそれだけのことが、どうして私とムスメはできないんでしょうか。
 同じ住所で会員になっているから、操作されて外されているのかとも思いましたが、Twitterでは「私落選、母当選」「私名義落選、弟名義で当選」なんて呟きがありますから、それもなさそう。だとすると、今年はポルノさんに浮気をしたからか? とか、当たった経験もないのに、ブラリに入ってしまっているのでは、とか、あり得ないことまで考えてしまって、ムスメと二人ぐるぐるです。
 でも、気持ちは複雑ですけれども、それでも今回のツアーには参加できます。15周年を祝ってこれます。
 一生友達の運を羨ましがっているのは本当に嫌だし、ムスメなどはワクワクとコンサートと1年に2度も私の友達にチケットを回してもらうという迷惑をかけちゃってます。何とかお返ししなくては。
 しかし、これだけ落選したら、いい加減当たりそうなものなのになぁ、何で当たらないんだろう……。

posted by りょう at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。