2013年09月23日

ごめんなさい、自分記録です

 初めてなことがたくさんあったライヴでした!
 まずは、初日産スタジアム!! 連れと思わず「次いつ来るかわからない、というか、これが最初で最後になる可能性が高いから、外周を回ってみよう」と判り合ってしまったのですが、二人とも年齢を重ねるにつれ、野外を敬遠する傾向があります。人が多過ぎるのもしんどいし、もし荒天になった場合、ライヴを楽しむ体力気力も削られ、残念なことになりかねません。よって、野外はできるだけ避けよう……的な。
 今回は東京ドームでのライヴがなかったことや、連れの日程がいろいろと難しかったこともあり、半ば「当選したら頑張ろう!」と腹をくくって申し込んだのですが、連れが運よく当選し、昨日を迎えたのでした。
 でも、25周年記念ツアーの千秋楽ですもん。雨が怖いとは言え、正直とても嬉しかったです。実際、雨男さんに負けませんでしたしね。
 で、日産スタジアム、ホント広いですねぇ……。同じW杯用スタジアムといえど、地元のものとはでかさが違いました。さすが日本一のキャパは伊達じゃありません。投稿された画像でその存在を知り、ちょっとだけ期待していた嵐さんたちも見ました(苦笑)。
 そんな感じで、初日産スタジアム、入場前に既に堪能しちゃいました。 
 それから次の「初」は、初ライヴTシャツ、です。
 ファイナル限定Tシャツの存在を、当日の朝、知ったんです。25周年のロゴ「XXV」が、26年目がスタートしたことを意味する「XXVI」に変わっているTシャツ、一瞬で欲しくなりました。でも、体力温存のため、名古屋同様ゆっくりめの出発を予定していたので、きっと私が着くころには完売しているだろうと思ったんです。
 でも、16時ごろに着きましたが、まだあったんです! しかもカード決済ブースに入ったので、待ち時間は0! とても快適に限定Tシャツ、買えました。でも、ふと我に返りました。「限定」ものといえど、やっぱりこうでなくっちゃ。どこかの某アイドルさんじゃないですけど、販売開始から2時間そこらで終わっちゃうなんて、ファンへの感謝の気持ちが足りないですよ〜。
 ま、そこはさておき、今までも時々Tシャツを買いましたが、私、ライヴ会場で着替えるのって好きじゃなくて、そのまま持ち帰っていたんです。でも今日は、あちらを見ても限定Tシャツ、こちらを見ても限定Tシャツ、更に、「買ったんなら着替えなきゃ」と連れに煽られ、とうとう着替えてしまいました。ツアーTシャツを着て、ツアーグッズのタオルを首に巻いて、更にガチャガチャグッズのシュシュで髪をまとめ……こんな扮装は初めてですよ〜! でも、実は楽しかった〜〜(笑)!
 とまぁ、初めてのグッズ尽くし、自分的にはやり過ぎなんですが、昨日の千秋楽だけはそれもよし、です。
NCM_0354.JPG この「I」が何だか嬉しいんです!

 そして、いよいよ入場。席がどこかドキドキしながら確認しました。
 相変わらずアリーナ希望だったんですが、今回はスタンド席でした。まぁ、名古屋で充分いい思いをしたし、日産のアリーナ席で、あまりに後ろの方だとちょっとつらいかと思いながら、指定された席へと向かったんです。
 辿り着いた先にあったのは、所謂記者席。机があって、隣の席との間が充分過ぎるほど空いている、更に、ステージ全体を見渡すことはできない位置ではありますが、決して遠くない! というか、近い! 稲葉さん松本さんがステージ端まで来てくれたら、かなり近い! という位置!
 始まる前からがっとテンションが上がってしまいました。ライヴが始まるまで、机に頬杖ついて待てるなんて、経験したことありません! っていうか、こんな快適なテーブルがあるなら、持ちこんだ軽食、お弁当でよかったかも。ささっと食べられるようにサンドイッチにしたのですが、ちゃんとお箸でご飯が食べられましたよ〜。
 それから、とにかく隣の人が遠いので、思い切り「NATIVE DANCE」の振りができる! あれ、いつも中途半端に肘を曲げてやっていたので、不完全燃焼だったんですよねぇ。
 もう二度とないと思いますけど、記者席での参戦! ホント楽しかったです。
 ほかにも、野外ならではの、いい風が吹いていて、始まるまではちょっと涼し過ぎるくらいでしたが、始まった後はほどよい体感温度で。ライヴではどろどろになるほど汗をかく私も、気持ちよく歌って騒げました。これもB'zでは初めてのことです。や、冬のライヴでも結構汗をかいちゃうから、全体を通して初めてだったかもしれません。

 初物はそのくらいでしょうか。
 でも、名古屋ではなかった「ZERO」や「Komachi Angel」「さよならなんか」は、とにかくうれしかったです。「恋心」の振付をやりたい気もしますけど、やっぱり違うセトリで楽しみたいですから。とはいえ、21日に演奏したから22日はないと思っていた[GOLD」が始まった時は、本気でびっくりしたし、感激しました。ダメだと思っていた分、驚きが激しくて、たくさん泣けました(照)。大好きな曲を歌ってもらえるのって、本当にシアワセです。
 それから、スタンド席ですので、アリーナの様子がよくわかり、拳を振り上げる様、タオルを回す様、稲葉さんと一緒に振付を楽しむ様、よく見えました。降り回しているタオルがみんなマフラータオルだったのには驚いたというか、笑いました。本当に一体感が凄くって。そして、とにかく何もかもお客さんの動きの規模がでかくて壮観!! 演出を充分楽しんだとは言えませんが(落下物も全く縁がありませんでした)、やっぱりどんな席でもその席なりの楽しみ方があるものです。
 夢のような時間でした。これで7月から始まった「毎月1回B'zのライヴ」が、とうとう終了しちゃいました。そこはちょっとさみしいです。また来年、こんな楽しい時間を過ごせるよう、日々頑張るばかりです。

 そうして気持ちよく宿泊先のホテルに向かったんですが、途中アラフェス帰りの人たちに何度も遭遇して、そこだけは残念でした。それも、9割方私と同年代くらいのおばちゃんで。
 「アラフェス当たってよかったね! 私もB'z楽しんできたからね!」と無意味なことですが、Tシャツがよく見えるように胸を張っちゃったり(苦笑)。
 んとまぁ、ちょっと疲れたので、アラフェスのことは、また明日にします。
 でも、終わったことをきっかけにして、落選からずっと聴けなかった嵐を、昨日は聴くことができました。しばらくB'zばっかり聴いていたので、その感じの違いに少々戸惑っているところです……。

posted by りょう at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。