2014年05月08日

やられた!

 朝からびっくりでした。嵐さんの15周年記念ハワイコンサート!
 今は一応告知前なので言えませんけど(でも、もうwebでは拡散済みパンチ)、昨日もひとつ「え〜〜〜!?」(←決してよろこびの声ではない)というメールが来て首をかしげていたんですが、今日のはもう、「行きたい!」と思ったのは一瞬だけ。すぐに「これは無理だ」と思うまでになりました。夢見たのは約5分間(笑)。あ〜、短い幸福だったなぁ!
 とにかく一番最初に思ったのは、いろんなところで「15周年は特に何もやらない、やるとしてもこじんまり」と言っていたメンバーのことでした。自分たちが10周年のとき、TOKIOは15周年。でも、TOKIOさんのほうから嵐の10周年を大きくやればいいと言ってくれたので、あんな風に10周年を大々的に祝ってもらえた、だから今年20周年のTOKIOのほう、と言っていたはず。そんな関係性に「いいな」とほっこりしていたのに、あっさり裏切られちゃいましたよ。勿論、ハワイ側からのオファーだとか、調整できたのがこの時期だったとか、大人の都合はあるんでしょうし、原点であるハワイで何かやりたいというメンバーの気持ちも理解できます。でも、「こじんまり」だと受け止めていた分、落差のでかさに口があんぐりです。
 それから、一体誰を対象とした企画なんだろうと不思議に思います。相葉くんが「長く応援してくれている人たちに来てほしい」的なコメントをしちゃいましたけど、その発言、新規は行っちゃダメってことになっちゃうじゃないですか。勿論考えすぎなんでしょうけど、新規としては耳に痛いです。それに、古参の人たちなら、そこそこお金もあるでしょうけど、学生はまぁ無理ですよね。当然のことながら学校も休めません。コンサートのお客にふさわしいファンを、企画する側が限定しちゃうやり方って、いけず過ぎますよね。
 国内のコンサートにまったく行けない人たちがたくさんいる現状で、いきなりハワイはないと思います。まずは国内のライヴにみんなが行けるような状態になってから、更に、気持ちもお金も時間も余裕のある人たちはハワイでも楽しんで、っていうのが筋な気がします。
 少なくとも、本当にファンをよろこばせたいのなら、ファンに感謝の気持ちを伝えたいのなら、公演回数を増やして当選しやすくするとか、全国をこまめに回るとか、とにかくこのやり方は違うような気がします。
 とはいえ、ムスメはどうも諦めてないらしいです(苦笑)。大学生になったこともあって、お金と時間の融通は利くと思っているよう(バイトしろ〜!)。私は、3万人のあらしっくが一斉にハワイに上陸するという事態が怖すぎるし、海の近くの特設ステージ、スタンディング、雨天決行、ってあたりで腰が引けてます。費用もバカ高いでしょうし。
 とにかもかくにも、ひでーな、事務所、あんまりだよな、嵐さん、という印象。
 せっかくの楽しいニュースに心が躍ることのないあらしっくって、ホント哀れだよなぁ……。


 
posted by りょう at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。