2016年04月22日

久々投稿です。が、愚痴

 久しぶりの投稿ですが、も、たまりにたまったものを吐き出すためだけにここ、使おうと思ってます。こんな僻地なら、誰かの目に留まることも少なかろうと思っての投稿です。
 愚痴の内容は大変わかりやすいんですが、嵐さんのアリーナツアーの話。
 昨年、地元アリーナに嵐さんが来る!と知ったときは、そりゃあ天にも昇る気持ちがしました。ムスメなどは「地元なのに行けないケースを考えると、そうは簡単によろこべない」と言いましたけれど、私は割と「今度こそ当たるんじゃないか」と思ったんです。何たって、「地方公演」なんですから。嵐さんが「こちらから会いに行く」と言ったんですから。
 だーかーらー、10周年のツアーで、古参の方々が参加できるよう操作した(あくまで噂ですが)ように、地元を多少なりとも優先してくれるんじゃないかと、思ったわけです。浅はかにもww
 まぁ、地元の会員全員分の席はないんでしょうけど、顔認証なんてあったし、会員名義一人分しか申し込めないわけですから、確率はいつもより下がるんじゃないかとも思ったんです。
 が、例によって落選ですわ。割と当選の出る友人も落選、ムスメの友達も軒並み落選だそう(身近に一人当選がいますが、これもまた余計なルートで当選を知っちゃって、結構くるものがあったんですが、それはまた別の話)。要するに、地元在住でも私の周囲は9割近く落選で、ムスメ周辺では10割落選だったんですが、それってどうなんでしょう。
 嵐さんは盛んに「今回はこちらから会いに行く」って言うじゃないですか。それはつまり、地元に「来てくれる」ってことですよね。でも、そこに住んでいる私たちは「ようこそ」という機会を与えられず、嵐さんと同じように遠くから来た人たちが「こんにちは」という権利を得たってことなんですわ。それは「会いに行く」という嵐さんの考えとはマッチしていないんじゃないのかな、と思うんですよ。も、語尾がすねまくりで恥ずかしいのですがww
 で、それでも気を取り直して、地元ですからグッズのプレ販売に行こうと思ってたんです。が、福井広島はプレ販売ですら「抽選」。あるサイトではこれすらも落選した人がいることを伝えていました。
 も、力いっぱい言っちゃいますけど、地元に嵐さんが来る、でも、チケットがないので会場に入れない、さらに、グッズさえも買えない、でも、遠征してきた人はどちらもできる、って、地方でコンサートをやる意味あります? 地方公演の意義、どこにあるんですか? 教えてください、ってなものです!
 更に、アリーナツアーのグッズはワクワクで買えます、って、何ふざけたことを言ってるんでしょう。
 地元でグッズを売っているのに、そちらには行けず、わざわざ遠征してまで買いに行かなければならない地方住みのむなしさを、事務所は判ってるんでしょうか。意地でも応募しますが、ワクワクもどうせ落選でしょうし。
 というわけで、本来、大都市ではなく地方都市でのライブはその土地に住む人たちが行くべきだから、やむを得ない事情がない限り申し込まない、主義の私ではありますが、嵐さんに限っては義理も人情もあっちにうっちゃって、次こんな機会があったら、よその町に突入してやる! と思っております。
 でもまぁ、それより先に、「地方公演」「こちらから会いに行く」という言葉の意味を、事務所と嵐さんには噛みしめながら明日からのアリーナツアーを行っていただきたいです。明日の福井にどれだけ地元民がいるのか、会場で確認してほしいですわ、アラフェスで投票したか否かを確認したように。
 アラフェスと言い、ハワイと言い、宮城と言い、彼らが何か強い気持ちでやるライブ、私はファンとして、その想いを会場で受け取りたいと思っているだけなのに、一切参加できていません。彼らの心意気を感じるのが、ファンとして当たり前のあり方だと思うんですが、それすらもさせてもらえないんだから、ホント嫌になります。きっと20周年ライブも行けないんだろうな。
 ちっくしょーーーーーっ!!!

posted by りょう at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

仙台!

 ちょっと感想を言うのが遅くなりましたが、嵐さんのBLAST in MIYAGI、なかなかに複雑です。昨年のハワイほどじゃありませんけど、ホント複雑です。
 まずは「行きたい」、それは当然のこと。仙台は遠いですが、行けない距離ではありません。資金面でも、ムスメは自分でバイトをすれば何とかなるでしょうから、自分の分だけ。となれば、こちらもどうにでもなります。人の多さも暑さも、諸々混雑で大変でしょうけど、それは根性で何とかなる……でも、ホテルの空きがないんです!全くないんです!!
 あらしっくさんたちが仮に押さえたんだとしたら、落選後にキャンセルされるでしょうけど、何でも東北大学で学会があるんだそうで……「マジか!」って感じです。
 宿泊地が何とかなりそうなら、応募する気持ちにもなるでしょうけど、今のままでは難しい、でも、やっぱり参加したい、ほらほら複雑です。
 ハワイのときみたいに、東京からの移動と宿泊地とチケットをセットで販売してくれないかなぁ、とは思うのですが、あの事務所ですからねぇ………(苦笑)。せめてハワイやアラフェスのときのように、8月に東京でグッズ販売をしてくれないかと。ライヴはDVDが出るまで我慢しないといけませんが……や、それもまたうずうずしちゃいます。も、ホント複雑です、ってか、チケットが当選するとも思えないんですけど(もっと苦笑)。
 そして、そんな浮ついた話ばかりでなく、引っ越しの話が具体化しているため、考えなくっちゃいけないことが山積みです。更に、こちらは浮ついた話ですが(汗)、省吾さんのツアーがえらいことで、行ける日、会場がなくって、ホント焦ってます。ひとつずつ決断していかないといけないんですが、今はまだ「どうしようどうしよう」のレベル。気持ちは本当に揺れ揺れです。
 5月に入って、仕事は今もきつい状態ですが、いろいろな問題を乗り越えて、楽しい毎日になればいいなと思っているところです。ライヴ、今年は何回行けるかな。ちょっと無理をしないといけないかもしれないけど、たくさん行けそうでわくわくです。
posted by りょう at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

業界にも希望する

 ファン故に嵐さんに対する厳しい意見を語る方のブログへ行き、今までなんとなーく感じていた違和感が形になったような気がします。私は彼女に比べてファン歴は格段に浅いですし、ライヴに参加したためにいろいろな点で甘くなってしまっている自覚もあります。でも、今年の嵐さんに対するもやもやが形になったのは、自分的に大変よかったと思ってます。やっぱり無批判とか盲目的な応援が一番ダメなんだとつくづく思いました。んとまぁ、それについて語るときもあるかもしれませんが。っていうか、実家片づけのすごい話をしたかったんでした。でも、それはまたあとで。
 今日はコンビニの雑誌棚で賑わっている嵐さんたち(ああ、変な表現だ)のこと。
 本屋さんに行ったらもっとすごい光景を見ることになるんでしょうが、コンビニでも充分すぎるほどです。あれもこれも表紙が嵐さんになっている雑誌たち。
 ここのところ毎年年末は同じ状態になるんですけど、どの雑誌を覗いても、5人がプライベートよろしくごちゃごちゃと笑っているオフっぽい写真と対談だけ、なんですよね。細かく調べたら違うものもあるのでしょうけど、私が今週見たTV誌はほとんどそう。質問も一緒。こんな風に衣装と場所だけ変えて、同じようなことをして同じようなことを喋る嵐さんたち、面倒くさいだろうなぁと思わずにいられません。
 私も「5人がわちゃわちゃしている」シーンは何よりの好物です。彼らに勝手に喋ってもらう「対談」は、彼らの個性とか関係性とかがよく見えて、こちらも好物です。
 でもね、嵐って、それだけしか魅力ないですか?
 確かに「仲のいい5人」を好きな人たちはたくさんいると思います。私もその一人です。でも、あの雑誌もこの雑誌も「わちゃわちゃ」だけでは食傷気味。
 ライヴを観てきちゃったから余計思うのですけど、やっぱりアイドルは「歌って踊って魅せてなんぼ」でしょう? 普段着で寝転がって笑っているだけでは、ちょっと違う気がします。
 雑誌だけでなく、TV番組もひどいです。何度も名指しで言っちゃってますけど、「しやがれ」の行き当たりばったり的な、そして嵐さんに丸投げ的な内容! 細かいところで笑えたり満足したりはできますけど、番組としては全然つまらないです。これもいつも引き合いに出しますけど、KAT-TUNの少年倶楽部プレミアム、いつ見てもすごく練られているし、準備もされているし、歌って踊って魅せるアイドルを押し出してます。でも、そんな中でもトークの場面ではメンバーの素が見えて、それが可愛かったり笑えたり、満足度が半端ないんです。
 なんで国民的アイドルと言われて、業界の方々に可愛がっていただいている筈の嵐さんが、そういうものを作れないんでしょう。彼らに適当に遊ばせて(というようにしか見えないんです)いる姿を撮影するんじゃなくて、もっときちんと企画を用意して、彼らに提示することができないんでしょうか。
 や、楽しそうな彼ら、好きですよ? 可愛いと思うし、もっと見たいとも思います。だから、雑誌も買っちゃってますし、TVも見てます。でも、もっと違う嵐を観たい。そういう嵐が観られる場面を業界の方々に作ってほしい、そう思わずにいられないんです。
 彼らのライヴ、とってもいいです。まぁ、ファンライトという企画そのものについては、「ちょっと変だな」と思ったこともあるんですけど、あの光景を見てしまったらなかなか言えません。それほどに素晴らしかったんです。
 ああいうものを作れる人たちが、何でこの程度の番組、誌面しか作れないんだろう、と思うんです。勿体ないよなぁと。
 や、だって、「仲がいい」だけしかない5人じゃないでしょ? それに、表に出るばっかりが彼らの仕事ではないはず。もっと自分たちのスキルを上げる時間を作らないと。もっと練り上げた企画をファンに提示するようにならないと(ファンライト、素晴らしい光景を作り上げたけど、企画としては穴がいっぱいでしたよね)。
 今年は15周年で、彼らはともかくとして、周囲が舞い上がっていたように感じました。でも、来年は「仲がいい」だけじゃない彼らの姿を、ファンじゃない人にも見てもらえるような、そんな活動を期待したいと思います。
 あ、勝手に2014年を総括してしまった(苦笑)。

 
posted by りょう at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

時間がないのでちょっとだけ

 年末に向け、嵐さんの雑誌ラッシュが始まってます。全部買うつもりは当然ないんですけど、ぼちぼち出ると、ぼちぼち買ってしまうという……。
 あ〜、もう何もかも嵐さんに振り回されて忙しくて、でも、楽しい〜〜〜!!

 ……が、いい加減、年賀状と大掃除の段取り、始めなさい!!

posted by りょう at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

チケット

 ようやく友人からチケットを貰ってきました。念願のアリーナB! ではなかったけれど、も、あの空間に入れるだけで充分です。
 しかし次回は自分のところに青い封筒が届くといいなぁ。や、マジで友人の手の中の青い封筒、うらやましかったです。

 というわけで、あと9日! 風邪、治ってくれよ〜〜〜!!


 
posted by りょう at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

とりま一安心

 昨日の福岡の混乱っぷりですが、よくよくコンレポをチェックしていけば、中断なんてなかったらしいし、設定が間に合わなかったのに、ちゃんと連動してファンライトが光った(個人的にこの話は納得してないのですが)らしいし、要は拡散している情報に惑うことなく、当事者からの声を聴けってことですね。や、これまで通りデマかもしれないものを広げるのだけは、してはならないと己に誓いました。ここは充分過疎ってますから、平気で書きますが。っていうか、そういう場所のつもりで残してあるんだもーん!!
 そして、肝心のライヴの方はたいへん楽しかったようで、今すぐ参加したいような、でも、もうちょっと「ライヴが始まるまでのワクワク」を味わっていたいような、いつもの懊悩に苛まれています。そうなんですよね。どんなに始まるまでに困ろうと、ライヴが楽しければ吹っ飛んでしまうし、ライヴは楽しいものなんですから、大抵は大丈夫なんですよ。昨日あれこれ患ってはいましたが、思い通りにならないことがあったとしても、ライヴで楽しめばいいんだと思います。とはいえ、無駄に最悪の事態を想定してしまう癖のある私ですから、また何度となくあれこれ考えすぎてしまうんだろうとは思いますが。
 ファンライトへの不安ですが、やっぱりいつものペンラのように振り上げちゃう人が少しはいるものの、各々気を付けているみたいですし、ファンライトの演出がすごくいいそうなので、こちらも激しく楽しみです。
 来週チケットが到着します。席を確認してからうちわを作ろうと思っているので(でも、うちわ2本持ちは難しいからやめるかも)、来週もそこそこライヴのことを考える毎日になりそう。週明けから一番嫌いな仕事に回されそうな気配ではありますが、22日あとのことを考えて、腰と膝を傷めないように(ここ重要!)乗り切りたいです。
 最後に、どうでもいいことですが、ムスメとOP曲が何か話したことがあったのですが、どうやら私が正解だったみたいです。15周年をお祝いする機会もあるようだし、ニノソロの衣装も予想通りで、何だかムフフ

 信じられないことに、あと22日!!

posted by りょう at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

振り回される

 グッズ本体の画像が出回って、「あれ〜?」と首を傾げてみたり、メンバーのビジュアルに飛びついてみたりと、昨日は大童(自分だけ「大童」/笑)だったんですが、ツアー自体が明日からだったんですね。VSのオープニングトークで知るという……あせあせ(飛び散る汗)
 OPは何なんだろう、とか、どんな演出が、とか、また明日夜は大童なんだろうなぁ。
 しばらくは嵐さんに振り回される日々になりそうです。でも、今度は楽しい「振り回される」だろうから、何だか気持ちは平穏です。

 というわけで、私はあと24日です。
 
posted by りょう at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

ハワイ

 えーっと、いつものことではありますが、本当に自分自身の覚書です。TVの感想なので、特に覚書(苦笑)。

 ハワイに関していうと、今でも正直わだかまりはあります。そんな機会はないだろうけど、ハワイに個人的に行くとき、きっと重い気持ちになっちゃうんだろうなと想像できる程度には。行きたかったけど行けなかったこと、何となくのけ者にされた感がぬぐえないこと、などを今でも思い出してしまいます。
 友人と「ハワイライヴのDVD買うよ!」と言葉を掛け合いましたが、素直に楽しめるかどうか自信はありません。最初のアラフェスのときよりもその点は重症な気がします。
 だから、TVでハワイにいる彼らを見るのは、楽しみなような、ちょっと苦いような、複雑な気持ちでした。でも、おそらく「素」になっている彼らを、自分の依怙地さで見ずに済ませてしまうのは、またそれも違う気もして、なるべく「苦い」部分を押し込めて「楽しい」気持ちで待つようにしました。
 で、最初に放送された「夜会」。
 「ダサい」を繰り返されていた翔さん、そんな彼を知ってますけど? そんな彼だからこそ大好きですけど? ってな反骨心で見てました。語られたことに珍しさはなかったですけど、大人になったからこそ振り返る自分の歴史がある、というのは、翔さんの年齢をはるかに超えた私も体験したことですので、「ああ、あの細っこかった慶応ボーイも大人になったのだなぁ」と思うばかりでした。ダサいのはいいのよ! というか、ダサいからいいのよ! 学歴もあってイケメンでお坊ちゃんでアイドル。「ダサい」なんて致命的な弱点がなかったら、近寄りがたくてつまらない男になっちゃいますもん!
 次の「しやがれ」は2週分。彼らのパブリックイメージ通りの休日が、たいへん微笑ましかったです。分刻みの予定で旅行を堪能する翔さん、豪快なショッピングをする割に目線が何とはなしに女子っぽい潤くん、のびのび体を動かして思う存分楽しんでいるのが伝わってくる相葉くん、想像通りの釣りを満喫するリーダー、そして、動きたがらないニノ。それぞれがとにかく笑えました。ニノが持ち帰ったシート、小さく刻んで行けなかった人に分けてくれたらいいのに。ロゴの部分に当たったら超ラッキーということで。
 「VS」は「酔っ払い」でしたね(笑)。以前SMAPさんが5人旅をしていた時、「こういうの嵐で見た〜い」と思っていましたが、ちょっと叶いました。もっとたっぷり5人で遊んでいるところも見たかったので、取りあえず「ちょっと」。
 泣いてしまうリーダー、ビジュアルはぐちゃぐちゃでしたけど、素敵でした。
 で、NHKのドキュメンタリーです。
 私はこれが一番真剣に見ることができました。笑いの要素がなかったから当たり前なんでしょうけど、語られたことに何度も驚かされましたし、ちょっと潤くんの演出部分を前面に押し出しすぎな気はしましたが、リハの様子は見ごたえありましたし、何よりライヴ中のアクシデントのシーンです。気が付く翔さんにすぐに様子を見に行く潤くん、「大丈夫」と言っておきながら、リーダーの一声に意見を変えるニノ、そして決断する潤くん、と、彼らのやり取りを息をつめて見てしまいました。ああいうのも15年の長い付き合いがあればこそなんでしょうね。LVのレポでニノの腰のことが広まっていましたが、その場面を時間をおいて見た感じがします。
 んとまぁ、ライヴシーンそのものは思うところがたくさんあって、ちょっと素直な気持ちではいられなかったんですけど、どのオフシーンも本当にみんな楽しそうで、語られる言葉も感動を誘うもので、確かに彼らが言うように、「いい旅」だったんだろうし、必要な「ハワイ」だったんだろう、とは思えました。そして、そんな時間を過ごせたことを「よかったね」と思えるまでにはなりました。私にとっては、ライヴに参加できなかったことは、取り返すことのできない、どうしても悔しいとしか思えない記憶になりましたけど。
 15周年とハワイをつなぐまでは納得できるんですが、そこにライヴを持ってきちゃったことが残念なんです。15周年だからライヴで一緒に騒ぎたかったんです。なのに、ハワイという場所、この1点だけで参加への道が閉ざされてしまったんですから。ツアーに「15周年をお祝いする」という雰囲気は持ち込まないようですし、となると、私の「おめでとう」は行き場がないわけです。まぁ、15周年記念ライヴを国立とかで2日間開催されても、行けないことには変わりはないのですけど、抽選に参加して、お祝いする気持ちを表明して見せただけでも、踏ん切りがついたのかもしれません。うまく言えないんですが、「一緒に祝いたい」気持ちだけが行き場を失っちゃって、もやもやしてるんです。
 ああ、また愚痴ってしまった……。
 でも、総じて楽しく見ることができました。
 とにかく「おめでとう、16年目も応援します!」

 そして、ライヴまであと25日!!


posted by りょう at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

いろいろ不届きなワタクシ

 昨日は嵐さんのコンサートチケット当落発表日でした。
 今回は「発表日を忘れていた方が当たる」というジンクスにかけて、申し込むときに発表日を見ませんでした。なので、去年の例から言って10月だろうとは思っていましたが、何日かは気にしていませんでした。それなのに、前夜いつものようにネットを彷徨っていたら、「明日は嵐の当落発表日」という書き込みを見てしまって、「あ〜あ」な気分でした。お蔭で夜は眠れないし、朝が来たら来たで気になっちゃって、あれこれ考え過ぎちゃうし。散々でした。
 でも、あくまで「忘れているつもり」の姿勢は崩さず、スマホを遠くに追いやって音楽を聴いていましたら、ムスメが「携帯見た?」と部屋に入ってきました。
 発表があったんだとわかりましたが、自分の落選メールを確認するのが嫌で(おい!)しばらくためらっていましたら、一緒に行く友達が当選したというメールを私とムスメに送ってくれていたんです。
 ほら、あの友達ですよ、よく当たる彼女。ワクワク全部出席の、ちょっと人の気持ちを察することが苦手なタイプの彼女。
 また当選なの!? と思いつつ、ムスメのところには結果が届いているのか聞くと、落選だったと。そして、その時私のところはまだ来ておらず……。
 とにかく今度は友人の当選で、友人本人と友人の息子(中学生男子もまだ嵐なのか!?)、私とムスメの分が確保できたので、張りつめていたものが一気に解かれました。
 でも、何だかうれしさが少なくって……。
 昨年のアラフェスとLOVE魂は友人も玉砕しましたが、彼女、その前のPOP魂をFCでゲットしているんです。FCでの当選が2年に1度、ローチケ、ぴあを使ったワクワクに至っては100%当選です。変わってムスメはというと、2010年の風景魂に当選してから一切なし。FCもローチケもぴあも全部。随分待たされて届いた私宛のメールも落選で、私に至っては、FC入会以来当選なし! です。
 そして、昨年2度コンサートに行った別の友人に結果を確かめてみましたら、「2回に1回は当たる」と豪語していた以上の結果らしく、彼女も友達も当選して2日連続で参加できるそうです。
 私は彼女たちに「何でそんなによく当たるの?」と聞き、彼女たちは「何でそんなに当たらない位の?」と聞いてきます。
 全く同感です。どうしてこんなに差があるんでしょうか。
 や、今回は行けるわけですから、文句を言うつもりなんて全くないんですが、一度でいいから当選メールを受け取って、「やった!」と歓喜に浸りたい、ただそれだけのことが、どうして私とムスメはできないんでしょうか。
 同じ住所で会員になっているから、操作されて外されているのかとも思いましたが、Twitterでは「私落選、母当選」「私名義落選、弟名義で当選」なんて呟きがありますから、それもなさそう。だとすると、今年はポルノさんに浮気をしたからか? とか、当たった経験もないのに、ブラリに入ってしまっているのでは、とか、あり得ないことまで考えてしまって、ムスメと二人ぐるぐるです。
 でも、気持ちは複雑ですけれども、それでも今回のツアーには参加できます。15周年を祝ってこれます。
 一生友達の運を羨ましがっているのは本当に嫌だし、ムスメなどはワクワクとコンサートと1年に2度も私の友達にチケットを回してもらうという迷惑をかけちゃってます。何とかお返ししなくては。
 しかし、これだけ落選したら、いい加減当たりそうなものなのになぁ、何で当たらないんだろう……。

posted by りょう at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

音楽バラエティ

 ちょうど少年倶楽部プレミアム傑作選を見ていたので、こんなエントリです。
 KAT-TUN、好きです。お姉さま方が愛していた彼らのワイルドさや突っ張り加減がいい感じに薄まってきて、普通の明るいお兄ちゃんたちになった辺り、私は特に気に入ってます。そんな彼らがNHKの番組を担当するというので、少年倶楽部プレミアムは第1回から欠かさず見ていました。
 毎回ジャニーズの先輩や後輩たちと絡み、自分たちのステージも披露する1時間を、たいへん楽しく感じていました。と同時に、こういうの、何で嵐さんでできないんだろう、とも。
 少年倶楽部プレミアムと「しやがれ」と、同じ時期に葉加瀬太郎さんがゲストに来てくれましたが、KAT-TUNが「音楽」でコラボし、彼のバイオリンに合わせて踊ったり歌ったりボイパしたり、それはそれは見ごたえがあったのに対し、「しやがれ」に来てくれた葉加瀬さんは、音楽家風にコスプレした嵐さんたちに作曲家のエピソードを語って聞かせるだけで、嵐さんたちも講義を聞いているだけでした。なんというクオリティの低さ! 比べれば比べるほどがっかりします。
 「しやがれ」の中でも、彼らの力が発揮できる企画ができる時はあります。最近の「しやがれ」でも、嫌われ役を即興でやってみせたあの回は、各々の演技力が見られて面白かったです。でも、ゲストと一緒に飲食店を巡るなんていうのは、別に嵐さんがやらなくてもいいですよねぇ。嵐さんの魅力は確かに5人が仲良く笑い合っていることだとは思いますけど、せっかく「毎回いろんなことができるバラエティ」という枠で、それはあまりにもレベルが低い気がします。
 アイドルなんですから、いろんな仕事が回ってきます。でも、歌って踊るがメインの仕事のはず。ライブに行く人が限られてしまって、誰もが満足できない今の状態、まずテレビで歌って踊る必要があるのではと思ってしまうのです。そういう意味では、Mステ、とてもありがたかったです。でも、やっぱりほかのゲストさんがいる手前、嵐さんばかり厚待遇というのは、申し訳ない気持ちになってしまいます。特にあの日は同じ15周年のポルノさんがいましたし。扱いが、仕方ないとはいえ、違いすぎでした。や、ポルノさんのアポロ、俺セレはサイコーによかったですよ! でもね……。
 Mステみたいに歌う時間を、自分たちの番組の中で作ればいいのに。ライヴDVDに入っていない曲を歌った回が、リクエストで上位に入るということは、みんなシングル曲を決まった振付で踊るだけでなく、その日その時だけの限定の演出を見たいんだと思います。
 「しやがれ」に音楽バラエティの要素を入れて、ゲストと絡んだ後の15分なり10分なり、珍しい曲を歌ったり、変わった演出をしたりする時間にすればいいのに。そしたら「しやがれ」を見た後、何となく残念な気分になることが少なくなると思います。
 「嵐を出しとけばファンがついてくる」「嵐のものなら何でもファンは買う」と嵐さんの周りの奴らに思わせたらダメなんですよ、本気で。嵐さんのライヴならハワイでもくるだろう、どんなにサービスの悪いツアーでも売れるだろう、なんて、絶対に思わせては、また、そんな気持ちで企画を立ち上げられたらダメなんです。
 だから、「嵐さんが悲しむから批判してはダメ」ではなく、嵐さんの耳に届いてもいいから、ダメなものはダメと言わなくては。
 そして、嵐さんが忙しさにかまけて本業の練習ができなくなって、それで、歌とダンスのクオリティが下がるようでは、もっともっとダメなんですよ。
 私が望む嵐さんの理想像は、絶対「仲良しな5人」だけではありません。ほかのファンの皆さんも同じはず。楽しそうな彼らを見るのは、それはそれは幸せですけれど、揃ったダンスも見たいし、今まで見たことのないステージを……ライヴ会場で見られないなら、テレビで!……見たい。何だか最近、笑って楽しそうな彼らしか見てないような気がして、やっぱり「残念だなぁ」と思ってしまうんです。

 ……こんな僻地だから好きなように書いちゃいましたが、本当はTwitterでつぶやいて、チェックしている翔さんに届いた方がいいのかな。とてもそんな勇気はないけれども(苦笑)。
 20周年のTOKIO兄さん、本当に輝いてます! 追っかけをしていなくても20周年が嬉しくなっちゃうほど輝いてます。嵐さんたちの今、ファンじゃない人が見たとき、「15周年よかったなぁ」と思ってもらえるかな。まぁるく閉じて、自分たちだけ、ハワイまで追っかけられたファンだけが幸せに思っているようでは、15周年記念の1年、成功とは言えないんじゃないかな……言葉は悪いけど、私、この頃の嵐さんで「がっかりした」ことや「心が折れた」ことは多いけれど、「満足した」こと、本当に少ないです……。



posted by りょう at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

私にとってのBLAST

 ハワイでのコンサートも終わり、月曜日のWSやら何やらも……未だ録画した全部を見終わってはいませんが……終わり、Twiiterでポツポツ目撃情報が流れるくらいで、随分と静かになりました。や、今日発売の週刊誌にえらい記事が載っているみたいで、「静か」とは言い難いのかもしれませんが(苦笑)。
 また明日Mステでハワイにいる彼らを目の当りにしたら、気持ちが大きく揺れることは間違いないんですけど、取りあえず自分的にも「少し落ち着いた」感がするので、ここでちょっとだけ吐き出してみようかと思います。
 例によって興味のない人や、嵐さんや事務所に批判的な意見を見たくない人はここまでにしておいてください。



 嵐さんがハワイで15周年記念のライブをやると聞いたとき、真っ先に思ったのは「何でハワイなの?」という怒りと疑問。それから「行きたい! 何とかして行く!」に切り替わり、費用が発表されたとき「ダメだ、行けない」となりました。B'zさんのアメリカでのライヴを観に行くFCのツアーをイメージしていたので、ムスメと二人でもなんとかなるかも、と思ったんですよね。二人分60万は、さすがに出ませんでした。
 その後も「何でハワイ?」と思い続けましたが、翔さんがハワイである理由を雑誌のインタビューで語ったとき、納得というか、「ああ、今回は自分たちのためのライブであって、ファンの方は向いていないんだ」と諦めの境地に達しました。それからあとは「何で?」という気持ちも収まって、「参加する人たちとだけ楽しんでくればいい」という、やや意地悪な気持ちで時間が過ぎるのを待ってました。
 そこへLVの知らせです。
 ハワイに参加できなくとも、同じ時間を嵐さんたちを過ごせて、彼らの15周年を一緒に祝える! 私の気持ちは「ハワイに行く!」と思ったときくらいに上昇しました。LVは前から開催を希望していましたし、今回はいい機会になるとも思ったんです。
 でも、チケットは落選でした。いろいろ考えると倍率が相当高くなることは理解していたものの、それでもいちばん近い場所でなくとも、どこかに引っかかるだろうと思っていたのですが、一緒に申し込んだ人すべて落選でした。
 そこから先の心理状態はちょっと言葉では言い表せません。Pop魂は友人が当選したおかげで参加できましたが、その後のワクワクは友人だけが参加し、私とムスメは落選。その後のアラフェスは言うに及ばず、LOVE魂もダメ。今年に入ってのワクワクは私にとってもっと辛い状態、友人とムスメは参加できて、私だけ留守番でした。そしてハワイにLV。ダメ押しに次ぐダメ押しに次ぐダメ押しですから、正直ポルノさんのライヴがなかったら暴れていたかも。
 でも、LVが終わってみて判ったことがありました。映画館を利用したLV、どうやら各映画館で使用されたスクリーンは一つだけだったみたいです。つまり、せいぜい200〜300人くらい。ここで真っ先に思ったのは、「バカにしてるのか」でした。私の町では隣の区と合わせて3ヶ所ありました。でも、どんなに多く見積もっても1000席はなかったんだと思います。そこへ一人当たり4枚まで申し込めたわけですから、当選できたのは250人程度。「当たるわけないや!」とちゃぶ台をひっくり返したくなります(ちゃぶ台、ないですけど)。
 全国で1日たった7万人。日本からハワイのライブに参加できたのが1万5千人。つまり2日合わせて17万人しか嵐さんと同じ時間を過ごすことができなかったんです。FC会員は転売ヤーとか重複会員とかもいますし、担降りしちゃった人もいるでしょうから正確な数字ではないとしても、150万だの160万だのカウントされているのに、17万。昨年までのアラフェスでも言いましたけど、足りな過ぎますって。
 で、ここからが本題なのですが、ハワイに行ってきた人のブログを見ました。「パックツアー」として売りに出されている旅行なのに、あらゆる面で不手際があり、サービスも悪く最悪だったとか。ライヴがよければまた気持ちも変わったのでしょうけど、自分の席からはほとんどステージが見えなかったのだとか。
 Twitterで拾う声は、いろいろな嵐さんのグッズが貰えるし、周囲の祭り騒ぎも絶好調的なツイートしかなくて、本当に楽しそうで羨ましかったのですが、実情はそんなだったんだと知り、驚くと同時に「やっぱりね」と思いました。ハワイに押し寄せるテンションの上がり切ったあらしっくさんたちが、羽目を外して恥ずかしいことになるだろうとも予想できましたし、立ち上げたばかりのイベントに不備はつきものですから。
 だけど、そんなこんなをスルーして、いいところだけを取り上げるのは違うんじゃないかなと思いました。例えば翌日のWSではどの局も「全国で7万人、2日合わせて14万人もLVに参加した」と知らせ、結論としては「すごいですねぇ」なんてコメントでまとめていましたが、何もすごくないって! 国立1回分ですもん! 行けてないファンの方が多いんだから、そこを言わないとダメでしょう! ハワイもそうです。何億円のステージ、ヘリコプター、何百発の花火、結果「ド派手ライブ」。そんな風にしかレポートしないWS、バカですか? って感じです。彼らがどんなライヴをしたのかちゃんと報告しなさいよ、観に行ったんだったら!! あげく使える時間の内の半分くらいは15年前の映像で。ホントどの局も同じような映像をよくもまぁ作ったと思います。せっかく映るライブ映像はみんなOPでしたしね。
 まぁ、TV局はいいところだけを見せるものですから致し方がないとしても、ファンはダメなところはダメって言わなくちゃ! セトリもちょっとがっかりでした、定番すぎて。
 こう、うまいこと言えないのですが、表面的にはキラッキラで楽しそうなんだけど、細部に目をやるとすごーく雑な感じで、特にファンの扱いが雑で、苦いものを感じざるを得ません
 個人的な考えですけど、1年にワクワクのイベント1本と、特別な2日間だけのライヴと、アルバムを中心としたツアーと、3本も立ち上げる必要なんて全くないと思います。ワクワクはもう終わってよし(一度も参加できずに終わるのは癪だけど)! 2日間だけのライヴも必要なし! 国立だのハワイだの特別な場所でやりたければやればいいけど、同じステージ、同じ内容のライヴを全国にもっていけばよし! そうすれば国立やハワイに参加できなくとも、どこかで見れるかもしれないから(当たらないから見れないけど)。
 15周年を祝いたいファンの気持ちのほとんどを蔑ろにした今回のBLAST。ふわふわハワイに行って、雑に扱われたことに気づかず無批判に楽しめた人と、どの程度嵐ファンなのかわからない人も含め、たまたま当選してLVに参加できた人だけが楽しめた企画だと思ってます。
 そんなもの、絶対「15周年記念」じゃない。
 留守番するしかなかった人たちに彼らからコメントがあったようですが、大事なライブにそんな人を作っちゃダメだくらいの自覚を、彼らにも事務所にも欲しかったと思います。
 「特別」と自分たちが思うように、ファンも「特別」って思うんですから。気持ちは同じはず。や、同じなんですから!!
 
posted by りょう at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

超絶忙しい!

 今日は嵐さんのDVDのフラゲ日。Amazonさんのおかげで、無事手にすることができました。
 勿論、行けなかったライヴの映像ですので、悔しさや悲しさが募って辛いかと思っていたのですが、待たされすぎて、当時の負の感情を忘れてしまったのか、素直に楽しむことができました。昨年のアラフェスのDVDは、見たいくせに悲しさも拭えきれなくて、とても複雑だったのですが、今日は時々映り込んでいるお客さんを妬ましく思うくらいで、最後まで楽しく見ることでき、本当によかったです。それとも、行けないことに慣れすぎたのかな(苦笑)。や、そこは慣れていいものとは思いませんけれど。
 更に、ムスメもダンナも帰りが遅かったので、今日全部見れたこともよかった〜〜! ただその分、あれこれ後回しになっているので、本当に超絶忙しいのが困っちゃうのですが。
 明日は嵐さんが載っている雑誌がたくさん(ここ、ここがポイントなんです、「たくさん」あせあせ(飛び散る汗))出るし、またしてもCM情報があったりで(あ、オダギリのも捕獲が完了してなかったんだ!)、久しぶりに振り回されている感じです。今日はDVDですが、来週はまたCDが出ますしね。
 そして明日は嵐さん関連で大事な日……んーーーっと、怖いから明日のことは考えない!!
 
posted by りょう at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

乾いた笑い

 嵐さんのハワイライヴ、旅行パックの代金はおよそ30万だそうで。も、笑うしかない、って感じです。
 まぁ、こちらとしてはライヴだけ行ければいいのですけど、オファーしたハワイ側は旅行者にお金を落としていってもらわないと意味がないでしょうから、いろいろ観光なんぞをつけちゃってるんでしょう。にしても、数時間のライヴのために、1週間近くハワイにいるのは無駄以外の何物でもありません。お金の用意も30万ともなればちょっとためらうし(我が家の場合、二人分だから60万だし)、何よりそんなに長く仕事や学校を休んで、更に家を放り出していくこともできません。完全に降参。諦めます。
 でも、そうなると、お金も時間も自由になる人しか行けないわけで、相葉くんの言う通り、古くからずっと嵐さんの応援をしている人、つまり、すでに大人でたくさんお金を稼いでいる、筋金入りのあらしっくさんだけが行けばいいような気がします。
 でも、でもね、ファンの「心意気」ってもの、もうちょっと考えてほしかったなぁと思います。
 嵐さんが何かやるなら、その場に居合わせて、彼らの楽しそうな顔を見たいじゃないですか。どんな無理難題を吹っ掛けられても、それにこたえたいじゃないですか。でも、これは本当に難しい。心意気、思い切り打ち砕かれました。ホント残念で、悔しいです。
 ただね、おととしでしたか、B'zさんのアメリカライヴに参加するツアーをFCが組みましたけど、10万くらいでしたからね。せっかくアメリカに行ったんだからと、観光したい人はオプションをつけられるけど、ライヴだけなら10万! それで充分だったんです。や、ホント残念です。
posted by りょう at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

やられた!

 朝からびっくりでした。嵐さんの15周年記念ハワイコンサート!
 今は一応告知前なので言えませんけど(でも、もうwebでは拡散済みパンチ)、昨日もひとつ「え〜〜〜!?」(←決してよろこびの声ではない)というメールが来て首をかしげていたんですが、今日のはもう、「行きたい!」と思ったのは一瞬だけ。すぐに「これは無理だ」と思うまでになりました。夢見たのは約5分間(笑)。あ〜、短い幸福だったなぁ!
 とにかく一番最初に思ったのは、いろんなところで「15周年は特に何もやらない、やるとしてもこじんまり」と言っていたメンバーのことでした。自分たちが10周年のとき、TOKIOは15周年。でも、TOKIOさんのほうから嵐の10周年を大きくやればいいと言ってくれたので、あんな風に10周年を大々的に祝ってもらえた、だから今年20周年のTOKIOのほう、と言っていたはず。そんな関係性に「いいな」とほっこりしていたのに、あっさり裏切られちゃいましたよ。勿論、ハワイ側からのオファーだとか、調整できたのがこの時期だったとか、大人の都合はあるんでしょうし、原点であるハワイで何かやりたいというメンバーの気持ちも理解できます。でも、「こじんまり」だと受け止めていた分、落差のでかさに口があんぐりです。
 それから、一体誰を対象とした企画なんだろうと不思議に思います。相葉くんが「長く応援してくれている人たちに来てほしい」的なコメントをしちゃいましたけど、その発言、新規は行っちゃダメってことになっちゃうじゃないですか。勿論考えすぎなんでしょうけど、新規としては耳に痛いです。それに、古参の人たちなら、そこそこお金もあるでしょうけど、学生はまぁ無理ですよね。当然のことながら学校も休めません。コンサートのお客にふさわしいファンを、企画する側が限定しちゃうやり方って、いけず過ぎますよね。
 国内のコンサートにまったく行けない人たちがたくさんいる現状で、いきなりハワイはないと思います。まずは国内のライヴにみんなが行けるような状態になってから、更に、気持ちもお金も時間も余裕のある人たちはハワイでも楽しんで、っていうのが筋な気がします。
 少なくとも、本当にファンをよろこばせたいのなら、ファンに感謝の気持ちを伝えたいのなら、公演回数を増やして当選しやすくするとか、全国をこまめに回るとか、とにかくこのやり方は違うような気がします。
 とはいえ、ムスメはどうも諦めてないらしいです(苦笑)。大学生になったこともあって、お金と時間の融通は利くと思っているよう(バイトしろ〜!)。私は、3万人のあらしっくが一斉にハワイに上陸するという事態が怖すぎるし、海の近くの特設ステージ、スタンディング、雨天決行、ってあたりで腰が引けてます。費用もバカ高いでしょうし。
 とにかもかくにも、ひでーな、事務所、あんまりだよな、嵐さん、という印象。
 せっかくの楽しいニュースに心が躍ることのないあらしっくって、ホント哀れだよなぁ……。


 
posted by りょう at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

やっぱり重労働

 今日も立ちっ放しの仕事でした。来週唐突に異動があるのですけど、「もしその異動が嫌なら、この部署に移ってきて。歓迎するから」と主任さんに誘われました。や〜、異動は気に入りませんが、この部署で立ちっ放しの仕事はもっと嫌です〜、ってなもんです。主任さんはいい人で大好きなんですけどねぇ。
 何だか疲れて疲れて、早く寝たいです。
 で、「重労働」と言えば、嵐さんの追っかけも相当重労働。イレギュラーな番組出演をチェックするのも大変な上、新しいCMが次々発表されて、捕獲がホント大変〜! っていうか、全然捕まらないんですけど〜〜。
 そう言えば、関ジャニのドンキーコングのCM! 楽しくって大好きです。嵐さんの任天堂のCMも楽しかったですが、やっぱり関ジャニもいいですねぇ。たくさんパターン違いがあるようですが、嵐さんのCMを捕獲していたころを思い出して、ついつい……捕獲したくなっちゃう自分が笑えます。私はエイターじゃないって!

 ……CSで放送された「真田十勇士」を見ているんですが、やっぱり葛山さん、かっこいい〜〜〜!! ああ、観たかったなぁ。再演、行きたいなぁ……。
posted by りょう at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

MV

 びたすい、フラゲできました。
 でも、MVを1度しか観ていません。オリンピックを見ているせいもあるかもしれませんが、ゲット日に何度も繰り返して見ないなんて、ホント珍しいです。
 正直、あのちょっとかわいい大野くんの振り付けを5人で踊ってほしかった、という気持ちはあります。でも、MVってダンスがメインになるばかりではないので、「踊らない」MVの選択を受け入れることはできます。が、あんまりにも内容がなくないですか? そもそもジャケ写の秋っぽいイメージもよくわからなかったんです。何でこの季節に枯れ葉? あまりにも季節感がなさすぎじゃないですかね。っていうか、冬の雰囲気にしたくないのなら、季節感のないイメージでいいのに。何でこんな感じなんでしょう。
 ジャケ写と同じで、MVもよくわからない感じでした。
 まずは、曲調とメンバーの表情が一致しなさすぎ。内容は叶わない恋を歌っているかもしれないけど、ただただ「悲しい」「辛い」だけじゃないですよね。爽太くんの恋愛のように、叶わないけれど、恋をしている自分をきちんと受け止めているのに、あんな暗い表情はないなぁと。まぁ、「失恋」の割りにはキラキラしている曲が変なのかもしれませんが。でも、曲は大好きです! かっこいいタイプの曲が続いたから、久し振りに可愛い曲で、嬉しいくらいなんです。
 で、踊らないかわりに、ストーリーがあるMVなのかと思って見ていたら、どうも明確なストーリーはないし、途中車内で潤くん、翔さん、相葉くんが合流し、笑い合っているシーンがあったので、「ああ、このまま5人で集まるという展開なんだな」と思って待っていたら、ついにリーダーとニノは加わらないし。かといって、二人が別のところで合流するのでもなく。何だかいろいろ中途半端で、勿体ないなぁという気がしてます。
 でも、ホント曲は好き。さっきからウォークマンでヘビロテ! 金曜日のMステも楽しみです!!

posted by りょう at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

翔さんの日

 今日は「神カル2」前売り発売の日。昨夜まで買いにいこうかやめようか迷っていたんですが(ごめんなさい、翔さん)、お布団に入る時は行くと決めてました。
 「プラデ」「謎ディ」では特典のクリアファイルを貰えたものの、「陽だまりの彼女」の時はびっくりするほど並んでいて、今度こそ貰えないかとドキドキしました。でも、私の番が回ってきた時、まだ充分残っている感じだったので、今日はちょっと遅めに出かけてみました。ただ、同じ今日、上映中のアニメ作品のグッズが入荷されるという告知もあったので、ジャニオタさんとアニオタさんが同時に集まることになるのだけが不安でした。すごーくごった返すんじゃないかと。
 でも、実際に行ってみると、列はさほどではありませんでした。ジャニオタ列とアニオタ列を別に作ってあるかと思っていたのですが、同じ列になっているにも拘らず。「これは間違いなく貰えそうだけど、列が長くないから、販売開始時刻が早まることはないかも」と思いながら並んでいましたら、いつも通り30分ほど早く始まりましたし、予想通りファイル貰えました。いつも自分の番が来るまでは心配になるものですが、今日はちょっと余裕すらありました。とはいえ、私の前まで接客していたスタッフが、急にカウンターの奥に引っ込んでしまい、それまで会計を担当してた男性スタッフが対応してくれたのですけど、どう見ても袋の中にファイルを入れてくれた気配がなかったんです。受け取った後すぐ確認して、きちんと入れ直して貰えたからいいものの、もしぼんやりしていて気がつかなかったら、本当に残念なことになるところでした。っていうか、ファイルが欲しくて営業前から並んだのに、スタッフのミスで諦めることになるなんて、絶対に嫌ですもん。
 並んでいる間は、前後のあらしっくさんと話ができて面白かったです。私の前の人はムスメと同じくらいで、私の後ろの人は私と同じくらいのおばさんでした。後ろの人はお嬢さんがいるけど、嵐さんに関心がなく、また、前の若い子もお母さんが無関心だそうで、ウチは親子でファンだと言ったら二人から激しく羨ましがられました。確かに一緒に盛り上がれる時は楽しいですが、ちょっとした温度差でおきる摩擦もあるんですよ〜、と思っちゃいました(笑)。
 その後、別に用事があったので一度家に帰り、改めて本屋さんに出かけました。これは翔さんが出ている雑誌を買うため。2冊狙いをつけていたんですが、1冊は苦手な女優さんが表紙だったのでやめました。それに、ようやく目を通さなければならない雑誌や本があと3冊になったのに、また2冊増やすのは自分でもダメだなぁと思ってあせあせ(飛び散る汗)
 帰ってから軽くその雑誌を見て、あとはまた、翔さんが出ていた情報番組とスポーツ紙をチェック。
 ほらほら、翔さんのことしかしていない1日になっちゃいましたよ(笑)。ここまでしておきながら、「いい人が死んじゃう話は苦手だから、観に行こうかどうしようか」と決めかねている私。実は前売り券もムスメの分しか買ってませーーんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

posted by りょう at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

ちょっとだけ

 少クラプレミアムで、Love魂の映像を見ました。
 アラフェス2013が同番組で紹介された時、悲しい気持ちがとてつもなくよみがえってしまったので、今度もそうなったら嫌だなぁと思いながら見たんですが、幸いなことにアラフェスほどではなかったです。悲しい気持ちもちょっとありましたけど、「私は行けなかったんだよ!」という苛立ちが強くて……。何て言うか、行けなくて悲しいとか、悔しいとか、腹立たしいとか、何で何より楽しいライヴについて、そんなネガティブな感情ばかり揺さぶられるんだか、どうしても納得いきません。
 ムスメが無事大学生になることが前提ですが、今年は何とかどこかに潜り込みたい! 省吾さんは今年ツアーがないのは決定的だし、B'zさんもソロワークの年みたいで、昨年のような充実した追っかけライフは無理そう。だとしたら、昨年参加できなかった嵐さんに、と思うのも無理ないこと。是非!是非!是非!チケットを回して頂きたいです。
 ……っていうか、アラフェスのDVDはまだ〜〜〜〜?

posted by りょう at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

凄い1日だった

 朝のめざましから始まって、潤くんを追いかけまくった1日でした。スーパーニュースだけは放送されなかったので、残念でしたけど、HEY!×3も大満足でしたし、その後のドラマ初回も!!
 予告でちらりと見た時から気になっていた高校生の回想シーン、悶絶しまくりでした。実年齢30で15歳の役、違和感がないとは言いませんが(さすがに)、充分可愛いくって!! 高校生の彼だけでなく、大人になった後も、サエコさんに翻弄されまくる爽太くん、本当にメロメロでした。
 ただ、オリヴィエの扱いが軽くなっちゃっているのが残念。もっとオタクなところを紹介してほしいし、日本人とのハーフでもいいから(「お父さんも日本人でしょ?」の台詞はよかったなぁ/笑)、おフランスの御曹司っぽさが欲しかった! 少なくとも「2次元はアート」はフランス語でなくっちゃ! 
 薫子さんはイメージ通りで、原作を読んだ時同様、好きになれそう。サエコさんは、っていうか、女優さんは可愛いんだけど、可愛いんだけど、やっぱりすっげームカツク! こちらも原作のまま嫌いになれそうです。あとこれも残念なんですが、えれなは本当にダメなんですよ〜〜〜。全然えれなに見えないです。きっと女優さんにあったキャラに変えられちゃうんだろうなぁと思うと、本気で勿体ないです。えれなの軽さと明るさと優しさ、大好きなんで。正直爽太くんにはえれなとくっついてほしい! それだけに原作の展開も気になっちゃってるんですが。
 とはいえ、全体的に思ってたより原作通りでエロくて、びっくりでした。もっとソフトな表現になると思っていたんですが。まぁ、あんまり潤くんのラブシーンは見たくない気持ちもあるんで(苦笑)、ほどほどなのがいいなぁと思ったりもしてます。だって、こっぱずかしいんですもん!
 そして、話は前後しますが、新曲、すっごくよかったです。リーダーの振り付け、やっぱり好きだなぁと思いました。ムスメは誰かのソロの時の、ほかの4人のダンスが好きなんだそうですが、私は、5人でちょっとずつ違う動き方をして大きな動きに見せるフォーメーションとか、あ〜、うまく言えない。んとまぁ、好きなんです、とにかく。
 あれを生で見たいです。本当に1日3公演とは言わないから、公演回数を多く取って、大勢がライブに参加できるよう、何とかしてほしいです。そして、今年こそ行きたいです。あ、やっぱり気持ちはここに至っちゃいますね。

 3ヶ月間、忙しいかと思いますが、潤くんや他のキャストさん、スタッフさんの健康と、ドラマの成功をお祈りします。


 
posted by りょう at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

妄想

 潤くんが表紙のananを買ってきまして、もうすぐ失恋ショコラティエが始まるんだなぁと、今更ながらに感じました。多分、ドラマがスタートするということは、センター目前! ということになるんで、考えるのを避けていたのかもしれません。
 今のところ予告映像で流れている印象的なシーンは、ほとんど爽太くんの妄想。ラブシーンなどインパクトのある感じになってますが、私が一番期待しているのは、そういうのではないんです。勿論「ラブシーンなんてやめて!」と直接意見するようなイタイことはしませんけど、昨今珍しい濃厚なラブシーンとかセフレの存在とか、そんなのは本当はなくてもいいんです。欲しいのは妄想にふける爽太くん自身! 妄想の内容なんかじゃなく、妄想してはすっげー台詞を吐いちゃう、そんな彼を演じる潤くんなんです。制作者側にも少しはそのあたりを判っていてほしいなぁと思います。
 特にわくわく待っているのは、「俺はもっと悪い男にならなきゃいけないんだよ」ですね。表情が一変するあの台詞! 潤くんがどんな風に演じてくれるのか、本当に楽しみです。ananでは「彼女の赤血球になりたい」の台詞も取り上げてましたけど、色気だだ漏れの声で言ってくれたら……たまらんです(笑)。
 と、妄想する爽太くんを妄想して楽しんでいる私、よくよく考えると、結構不毛なのかも……。

posted by りょう at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。