2014年11月15日

とりま一安心

 昨日の福岡の混乱っぷりですが、よくよくコンレポをチェックしていけば、中断なんてなかったらしいし、設定が間に合わなかったのに、ちゃんと連動してファンライトが光った(個人的にこの話は納得してないのですが)らしいし、要は拡散している情報に惑うことなく、当事者からの声を聴けってことですね。や、これまで通りデマかもしれないものを広げるのだけは、してはならないと己に誓いました。ここは充分過疎ってますから、平気で書きますが。っていうか、そういう場所のつもりで残してあるんだもーん!!
 そして、肝心のライヴの方はたいへん楽しかったようで、今すぐ参加したいような、でも、もうちょっと「ライヴが始まるまでのワクワク」を味わっていたいような、いつもの懊悩に苛まれています。そうなんですよね。どんなに始まるまでに困ろうと、ライヴが楽しければ吹っ飛んでしまうし、ライヴは楽しいものなんですから、大抵は大丈夫なんですよ。昨日あれこれ患ってはいましたが、思い通りにならないことがあったとしても、ライヴで楽しめばいいんだと思います。とはいえ、無駄に最悪の事態を想定してしまう癖のある私ですから、また何度となくあれこれ考えすぎてしまうんだろうとは思いますが。
 ファンライトへの不安ですが、やっぱりいつものペンラのように振り上げちゃう人が少しはいるものの、各々気を付けているみたいですし、ファンライトの演出がすごくいいそうなので、こちらも激しく楽しみです。
 来週チケットが到着します。席を確認してからうちわを作ろうと思っているので(でも、うちわ2本持ちは難しいからやめるかも)、来週もそこそこライヴのことを考える毎日になりそう。週明けから一番嫌いな仕事に回されそうな気配ではありますが、22日あとのことを考えて、腰と膝を傷めないように(ここ重要!)乗り切りたいです。
 最後に、どうでもいいことですが、ムスメとOP曲が何か話したことがあったのですが、どうやら私が正解だったみたいです。15周年をお祝いする機会もあるようだし、ニノソロの衣装も予想通りで、何だかムフフ

 信じられないことに、あと22日!!

posted by りょう at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

混雑怖い

 いつも通りにTwitterを覗いたら、福岡初日がいろいろ大変そうで。
 あらしっく改めあらしあんさんたちはチェック済みのことですが、今回のツアーはいつものペンライトやジャンボうちわがなく、うちわがライトになっている仕様です。
 まずペンライトのかわりの「うちわ」という点で「ん〜〜〜?」なのに、そのうちわがペンライトのお値段よりちょっとお高めなことも「ん〜〜〜?」。そして加えて、ライトの光り方をコントロールするために、グッズ売り場の側に作られた「デジタリアンエリア」なるものに足を運び、うちわを機械に触れさせる必要があるんだそうです。そこで再び「ん〜〜〜?」と、首をひねることばかりなんです。
 まずペンライトって結構振り上げるじゃないですか。「手を上げろ」とか「push your hands up」と煽られたときも、ペンライトを持つ方の手を上げます。もう片方は応援うちわを持っているから当たり前なんですが。でも、今度のファンライト、振り上げちゃったら、後ろの人の視界を遮ります。間違いなく。応援うちわと同様に胸の高さまでなんてルール、絶対破られそうです。実際私もテンションが上がってしまったら、自信ありません。
 価格が高いのは、まぁ我慢します。とはいえ、我が家は一家から二人参戦でも、お財布は別々ですから構わないのですが、子供連れの人にはちょっと痛い金額です。ほかにも欲しいグッズはたくさんあるのに。一緒に行く友人は前回参加したとき、「同じライトが2本あっても仕方がない」と言って、自分は前のツアーのライトを持ち、息子に新しいのを持たせていました。今年はどうするんでしょう。買わずに行くのかな。でも、持たずに参加するのもなぁ……と、人のことなのに考え込んでしまいます。
 そして、一番「ん〜〜〜?」と思ったのがデジタリアンエリア。そのエリアに入るのに、チケットを出すんだそうです。つまり、ドームに入る前にチケットを落とす危険があるという心配が一つ。それから、グッズを買うのに延々並んで、またそこに改めて並び直すという面倒くささ。混雑の度合いによっては、本当に面倒なことになると思いました。
 そしたら心配の通り、今日の初日、会社や学校が終わってからきた人が多かったんでしょうか。開演時間が迫っているというのに長蛇の列だったそうです。結局、並んでいた人たちがどうなったのかまでは判りませんが、諦めるしかなかったんだろうなと思います。。もうすぐ始まっちゃうのに並んでいるときの心理状態を思うと、気の毒で仕方ありません。
 もうちょっと上手に企画できなったんでしょうか。明日は土曜日だから夕方に集中することもないような気がしますが、今日のようなことがないように改善してくれるといいのですが……。
 名古屋最終日、前乗りしているムスメと合流して、グッズ購入からデジタリアンエリア攻略(違うか)、更には一緒に参戦する友人と合流、もう一つ、ムスメの入学式でお友達になった人との再会と、いろいろ目白押しなんですが、すべて予定通りにいけばいいと、今から心配です。
 とにかくあと23日!
posted by りょう at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

振り回される

 グッズ本体の画像が出回って、「あれ〜?」と首を傾げてみたり、メンバーのビジュアルに飛びついてみたりと、昨日は大童(自分だけ「大童」/笑)だったんですが、ツアー自体が明日からだったんですね。VSのオープニングトークで知るという……あせあせ(飛び散る汗)
 OPは何なんだろう、とか、どんな演出が、とか、また明日夜は大童なんだろうなぁ。
 しばらくは嵐さんに振り回される日々になりそうです。でも、今度は楽しい「振り回される」だろうから、何だか気持ちは平穏です。

 というわけで、私はあと24日です。
 
posted by りょう at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

ハワイ

 えーっと、いつものことではありますが、本当に自分自身の覚書です。TVの感想なので、特に覚書(苦笑)。

 ハワイに関していうと、今でも正直わだかまりはあります。そんな機会はないだろうけど、ハワイに個人的に行くとき、きっと重い気持ちになっちゃうんだろうなと想像できる程度には。行きたかったけど行けなかったこと、何となくのけ者にされた感がぬぐえないこと、などを今でも思い出してしまいます。
 友人と「ハワイライヴのDVD買うよ!」と言葉を掛け合いましたが、素直に楽しめるかどうか自信はありません。最初のアラフェスのときよりもその点は重症な気がします。
 だから、TVでハワイにいる彼らを見るのは、楽しみなような、ちょっと苦いような、複雑な気持ちでした。でも、おそらく「素」になっている彼らを、自分の依怙地さで見ずに済ませてしまうのは、またそれも違う気もして、なるべく「苦い」部分を押し込めて「楽しい」気持ちで待つようにしました。
 で、最初に放送された「夜会」。
 「ダサい」を繰り返されていた翔さん、そんな彼を知ってますけど? そんな彼だからこそ大好きですけど? ってな反骨心で見てました。語られたことに珍しさはなかったですけど、大人になったからこそ振り返る自分の歴史がある、というのは、翔さんの年齢をはるかに超えた私も体験したことですので、「ああ、あの細っこかった慶応ボーイも大人になったのだなぁ」と思うばかりでした。ダサいのはいいのよ! というか、ダサいからいいのよ! 学歴もあってイケメンでお坊ちゃんでアイドル。「ダサい」なんて致命的な弱点がなかったら、近寄りがたくてつまらない男になっちゃいますもん!
 次の「しやがれ」は2週分。彼らのパブリックイメージ通りの休日が、たいへん微笑ましかったです。分刻みの予定で旅行を堪能する翔さん、豪快なショッピングをする割に目線が何とはなしに女子っぽい潤くん、のびのび体を動かして思う存分楽しんでいるのが伝わってくる相葉くん、想像通りの釣りを満喫するリーダー、そして、動きたがらないニノ。それぞれがとにかく笑えました。ニノが持ち帰ったシート、小さく刻んで行けなかった人に分けてくれたらいいのに。ロゴの部分に当たったら超ラッキーということで。
 「VS」は「酔っ払い」でしたね(笑)。以前SMAPさんが5人旅をしていた時、「こういうの嵐で見た〜い」と思っていましたが、ちょっと叶いました。もっとたっぷり5人で遊んでいるところも見たかったので、取りあえず「ちょっと」。
 泣いてしまうリーダー、ビジュアルはぐちゃぐちゃでしたけど、素敵でした。
 で、NHKのドキュメンタリーです。
 私はこれが一番真剣に見ることができました。笑いの要素がなかったから当たり前なんでしょうけど、語られたことに何度も驚かされましたし、ちょっと潤くんの演出部分を前面に押し出しすぎな気はしましたが、リハの様子は見ごたえありましたし、何よりライヴ中のアクシデントのシーンです。気が付く翔さんにすぐに様子を見に行く潤くん、「大丈夫」と言っておきながら、リーダーの一声に意見を変えるニノ、そして決断する潤くん、と、彼らのやり取りを息をつめて見てしまいました。ああいうのも15年の長い付き合いがあればこそなんでしょうね。LVのレポでニノの腰のことが広まっていましたが、その場面を時間をおいて見た感じがします。
 んとまぁ、ライヴシーンそのものは思うところがたくさんあって、ちょっと素直な気持ちではいられなかったんですけど、どのオフシーンも本当にみんな楽しそうで、語られる言葉も感動を誘うもので、確かに彼らが言うように、「いい旅」だったんだろうし、必要な「ハワイ」だったんだろう、とは思えました。そして、そんな時間を過ごせたことを「よかったね」と思えるまでにはなりました。私にとっては、ライヴに参加できなかったことは、取り返すことのできない、どうしても悔しいとしか思えない記憶になりましたけど。
 15周年とハワイをつなぐまでは納得できるんですが、そこにライヴを持ってきちゃったことが残念なんです。15周年だからライヴで一緒に騒ぎたかったんです。なのに、ハワイという場所、この1点だけで参加への道が閉ざされてしまったんですから。ツアーに「15周年をお祝いする」という雰囲気は持ち込まないようですし、となると、私の「おめでとう」は行き場がないわけです。まぁ、15周年記念ライヴを国立とかで2日間開催されても、行けないことには変わりはないのですけど、抽選に参加して、お祝いする気持ちを表明して見せただけでも、踏ん切りがついたのかもしれません。うまく言えないんですが、「一緒に祝いたい」気持ちだけが行き場を失っちゃって、もやもやしてるんです。
 ああ、また愚痴ってしまった……。
 でも、総じて楽しく見ることができました。
 とにかく「おめでとう、16年目も応援します!」

 そして、ライヴまであと25日!!


posted by りょう at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

ポッキーの日

 「11月になったら、もうちょっとこまめに更新しよう」と思っていたはずなのに、もう11日です。毎度のことですけど、光陰矢の如しですねぇ。そういえば、ライヴまでのカウントダウン日めくりを作ってあるんですがあせあせ(飛び散る汗)、スタートは「ライヴまで64日!」でしたもん。今日は26日。あと26日で嵐さんのライヴ!! いろいろ思うところはありましたけど、今は素直に楽しみに思ってます。
 で、嵐さんと言えば、先週、いろいろハワイでの5人を取り上げた番組がありました。こちらも思うことがたくさんあります。でも、今日はポッキーのことだけ(笑)
1415775108105.jpg コンビニとスーパーでこれだけ貰ってきました。ムスメ、大学生協で配っていたポッキーの形をした風船を見たそうなんですが、持って帰ることを断念したんだそうです。や、勿体ない、貰ってくればよかったのに。「保存に困る大きさだったんだよ」と言うあたり、すぐに見境なくなっちゃう私より冷静で頼もしいです。
 ……あ〜、そういえば、阪神あっさり負けたよなぁ……直前のエントリを見て、あの時の悔しさが甦ってしまいました〜

posted by りょう at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

勝ってますよ〜!

 や、今年のタイガースには驚くばかりです。まさかのCS勝ち抜け、しかもジャイアンツ相手に4タテくらわしての勝ち抜け、そして日本シリーズは先制しちゃって、勝っているという……。
 こんなの、私の知ってるタイガースじゃない! 奴らは大事な試合をぽーーんと落として、はいサヨウナラの筈。それが今年はどういうことなんでしょう。も、びっくりです!! そして、ダンナほど気合は入ってないものの、何だかうれしいです。
 そしておまけに、今日母校が地区大会で勝ちまして、夏春連続で甲子園に行けそうです。奴らもタイガースにそっくりで、この一試合さえ勝ち抜けば、という大事な試合にいつも負けるのに、今日はあっさり勝利。予想は外れて拍子抜けもいいとこです。
 しかし、こんなにいつもは弱いチームが勝ってしまうなんて、何か天変地異が起こらなければいいのですけど(笑)。とりあえず心配しているのは、大規模な避難訓練をしたらしい富士山の噴火とか……や、不謹慎でした、ごめんなさい。
 っていうか、そんな感じにいろいろとうまく行き過ぎてちょっと面喰っているのでした。
 でも、復活当選のお知らせはない!! なんでだ!!

posted by りょう at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

まだまだだった

 サボってますが、生きてます。とは言え、会社で組織編成の変更があってちょっと焦ってます。今回は今までとあまり変わらない業務の部署になったので、そんなに焦ることもないのかもしれないんですが、この先どうなるか判らないし、仕事は続けたいものの、会社の言うなりになる順応力やら体力はないし。あー困ったな、って程度には焦ってます。若い頃にいろいろ経験して何でもできる人間になっておかなかったこと、本当に後悔してます。やり直せるならやり直したいくらい。勉強も今度はもっとする……って辺りがちょっと怪しい感じもしますが(笑)。
 さて、こんな話ではなく、実は嵐さんのハワイライヴをレポしたWSの映像、改めてもう一度、しかも一気に全部見たんです。いい加減時間もたったし、もう感情が動くこともないだろうと思って。
 が、ダメでした。
 どのWSもバカのひとつ覚えのように(失礼)おんなじ映像ばっかり流して駄目を押すすせいか、どんどん気持ちが塞いでしまって、しまいには「どうせ私はハワイにもLVにも行けなかったからね!」「除け者だからね!」という気持ちになり、大変悲しくなりました。
 彼らは挨拶やメッセージの中で、どちらも参加できなかった人のことにも触れて、「そういう人の気持ちも受け取った」的なことを言ってたけど、本当の気持ちは絶対判ってないと思います。どんなに悲しいか、どんなに悔しいか、そして、どんなに情けないか。判ってたら、「来れる人だけ来て」「当たった人だけ見て」なんて薄情なことできないはずですもん。……そういえば、10周年の国立は落選したし、15周年はこんな感じで終わったし、5年後、20周年を祝うことはできるのかしら。できないに1000円かけてもいいです(笑)。
 奇しくも今日は東京と札幌の当落発表日。
 いい加減、ライヴに行ける行けないで動じることのない、ライトなファンになりたいです。ホント、なれないかなぁ……。

posted by りょう at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

だいぶ反省した

 今日は当選した友人のところへ、チケット代を届けに行ってきました。
 そこでひとしきりお喋りをしたのですが、私が当選の続く彼女が妬ましいように、彼女も自由に遊びに出かけている私を羨ましがっていることに気が付きました。
 彼女の家族は病気で障害の残ってしまったお義母さんや、まだ中学生の息子さんにペットのわんこがいて、更にその上商店を営んでいます。それもおかみさんである彼女が軽く遠出できるほどの自由がない自営業。
 私が「いつでもいいから取れたところのチケットでライヴに行く! 都合ならライヴに合わせる!」的な心構えでいるのに対し、彼女はいつも仕事や家族の予定を考えながらの参加(っていうか、嵐の場合は『申し込み』/爆)だし、地元で省吾のライヴが2日連続であっても、どちらか片方にしか参加しません。
 確かに彼女の言うように、私は自分の希望通りに出かけているし(ありがとう! ダンナ!)、今年は家族で旅行したし、もう一度今度はダンナと二人での旅行も計画中です。「私、ここ何年か旅行なんて行ってないもん。ライヴでお泊りなんてできないもん」と言われたときにはっとしました。
 まぁ、だからと言って、当選ばっかり出る(当然のことながら、今日もそういう話になったんだ〜! ワクワクの当選率は10割だって!!)友人のことを妬む気持ちはなくなりませんが、私が妬ましいように、彼女も同じなんだと、多少「ごめんよ」という気持ちはわきました。
 どうしても「自分じゃないもの」が輝いて見えるものなんでしょうね。
 でも、私はやっぱり「当選メール」が欲しいけどね(笑)。
 来年、一度くらいは受信できますように!! ……って、もう来年の話かい!!

posted by りょう at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

いろいろ不届きなワタクシ

 昨日は嵐さんのコンサートチケット当落発表日でした。
 今回は「発表日を忘れていた方が当たる」というジンクスにかけて、申し込むときに発表日を見ませんでした。なので、去年の例から言って10月だろうとは思っていましたが、何日かは気にしていませんでした。それなのに、前夜いつものようにネットを彷徨っていたら、「明日は嵐の当落発表日」という書き込みを見てしまって、「あ〜あ」な気分でした。お蔭で夜は眠れないし、朝が来たら来たで気になっちゃって、あれこれ考え過ぎちゃうし。散々でした。
 でも、あくまで「忘れているつもり」の姿勢は崩さず、スマホを遠くに追いやって音楽を聴いていましたら、ムスメが「携帯見た?」と部屋に入ってきました。
 発表があったんだとわかりましたが、自分の落選メールを確認するのが嫌で(おい!)しばらくためらっていましたら、一緒に行く友達が当選したというメールを私とムスメに送ってくれていたんです。
 ほら、あの友達ですよ、よく当たる彼女。ワクワク全部出席の、ちょっと人の気持ちを察することが苦手なタイプの彼女。
 また当選なの!? と思いつつ、ムスメのところには結果が届いているのか聞くと、落選だったと。そして、その時私のところはまだ来ておらず……。
 とにかく今度は友人の当選で、友人本人と友人の息子(中学生男子もまだ嵐なのか!?)、私とムスメの分が確保できたので、張りつめていたものが一気に解かれました。
 でも、何だかうれしさが少なくって……。
 昨年のアラフェスとLOVE魂は友人も玉砕しましたが、彼女、その前のPOP魂をFCでゲットしているんです。FCでの当選が2年に1度、ローチケ、ぴあを使ったワクワクに至っては100%当選です。変わってムスメはというと、2010年の風景魂に当選してから一切なし。FCもローチケもぴあも全部。随分待たされて届いた私宛のメールも落選で、私に至っては、FC入会以来当選なし! です。
 そして、昨年2度コンサートに行った別の友人に結果を確かめてみましたら、「2回に1回は当たる」と豪語していた以上の結果らしく、彼女も友達も当選して2日連続で参加できるそうです。
 私は彼女たちに「何でそんなによく当たるの?」と聞き、彼女たちは「何でそんなに当たらない位の?」と聞いてきます。
 全く同感です。どうしてこんなに差があるんでしょうか。
 や、今回は行けるわけですから、文句を言うつもりなんて全くないんですが、一度でいいから当選メールを受け取って、「やった!」と歓喜に浸りたい、ただそれだけのことが、どうして私とムスメはできないんでしょうか。
 同じ住所で会員になっているから、操作されて外されているのかとも思いましたが、Twitterでは「私落選、母当選」「私名義落選、弟名義で当選」なんて呟きがありますから、それもなさそう。だとすると、今年はポルノさんに浮気をしたからか? とか、当たった経験もないのに、ブラリに入ってしまっているのでは、とか、あり得ないことまで考えてしまって、ムスメと二人ぐるぐるです。
 でも、気持ちは複雑ですけれども、それでも今回のツアーには参加できます。15周年を祝ってこれます。
 一生友達の運を羨ましがっているのは本当に嫌だし、ムスメなどはワクワクとコンサートと1年に2度も私の友達にチケットを回してもらうという迷惑をかけちゃってます。何とかお返ししなくては。
 しかし、これだけ落選したら、いい加減当たりそうなものなのになぁ、何で当たらないんだろう……。

posted by りょう at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

音楽バラエティ

 ちょうど少年倶楽部プレミアム傑作選を見ていたので、こんなエントリです。
 KAT-TUN、好きです。お姉さま方が愛していた彼らのワイルドさや突っ張り加減がいい感じに薄まってきて、普通の明るいお兄ちゃんたちになった辺り、私は特に気に入ってます。そんな彼らがNHKの番組を担当するというので、少年倶楽部プレミアムは第1回から欠かさず見ていました。
 毎回ジャニーズの先輩や後輩たちと絡み、自分たちのステージも披露する1時間を、たいへん楽しく感じていました。と同時に、こういうの、何で嵐さんでできないんだろう、とも。
 少年倶楽部プレミアムと「しやがれ」と、同じ時期に葉加瀬太郎さんがゲストに来てくれましたが、KAT-TUNが「音楽」でコラボし、彼のバイオリンに合わせて踊ったり歌ったりボイパしたり、それはそれは見ごたえがあったのに対し、「しやがれ」に来てくれた葉加瀬さんは、音楽家風にコスプレした嵐さんたちに作曲家のエピソードを語って聞かせるだけで、嵐さんたちも講義を聞いているだけでした。なんというクオリティの低さ! 比べれば比べるほどがっかりします。
 「しやがれ」の中でも、彼らの力が発揮できる企画ができる時はあります。最近の「しやがれ」でも、嫌われ役を即興でやってみせたあの回は、各々の演技力が見られて面白かったです。でも、ゲストと一緒に飲食店を巡るなんていうのは、別に嵐さんがやらなくてもいいですよねぇ。嵐さんの魅力は確かに5人が仲良く笑い合っていることだとは思いますけど、せっかく「毎回いろんなことができるバラエティ」という枠で、それはあまりにもレベルが低い気がします。
 アイドルなんですから、いろんな仕事が回ってきます。でも、歌って踊るがメインの仕事のはず。ライブに行く人が限られてしまって、誰もが満足できない今の状態、まずテレビで歌って踊る必要があるのではと思ってしまうのです。そういう意味では、Mステ、とてもありがたかったです。でも、やっぱりほかのゲストさんがいる手前、嵐さんばかり厚待遇というのは、申し訳ない気持ちになってしまいます。特にあの日は同じ15周年のポルノさんがいましたし。扱いが、仕方ないとはいえ、違いすぎでした。や、ポルノさんのアポロ、俺セレはサイコーによかったですよ! でもね……。
 Mステみたいに歌う時間を、自分たちの番組の中で作ればいいのに。ライヴDVDに入っていない曲を歌った回が、リクエストで上位に入るということは、みんなシングル曲を決まった振付で踊るだけでなく、その日その時だけの限定の演出を見たいんだと思います。
 「しやがれ」に音楽バラエティの要素を入れて、ゲストと絡んだ後の15分なり10分なり、珍しい曲を歌ったり、変わった演出をしたりする時間にすればいいのに。そしたら「しやがれ」を見た後、何となく残念な気分になることが少なくなると思います。
 「嵐を出しとけばファンがついてくる」「嵐のものなら何でもファンは買う」と嵐さんの周りの奴らに思わせたらダメなんですよ、本気で。嵐さんのライヴならハワイでもくるだろう、どんなにサービスの悪いツアーでも売れるだろう、なんて、絶対に思わせては、また、そんな気持ちで企画を立ち上げられたらダメなんです。
 だから、「嵐さんが悲しむから批判してはダメ」ではなく、嵐さんの耳に届いてもいいから、ダメなものはダメと言わなくては。
 そして、嵐さんが忙しさにかまけて本業の練習ができなくなって、それで、歌とダンスのクオリティが下がるようでは、もっともっとダメなんですよ。
 私が望む嵐さんの理想像は、絶対「仲良しな5人」だけではありません。ほかのファンの皆さんも同じはず。楽しそうな彼らを見るのは、それはそれは幸せですけれど、揃ったダンスも見たいし、今まで見たことのないステージを……ライヴ会場で見られないなら、テレビで!……見たい。何だか最近、笑って楽しそうな彼らしか見てないような気がして、やっぱり「残念だなぁ」と思ってしまうんです。

 ……こんな僻地だから好きなように書いちゃいましたが、本当はTwitterでつぶやいて、チェックしている翔さんに届いた方がいいのかな。とてもそんな勇気はないけれども(苦笑)。
 20周年のTOKIO兄さん、本当に輝いてます! 追っかけをしていなくても20周年が嬉しくなっちゃうほど輝いてます。嵐さんたちの今、ファンじゃない人が見たとき、「15周年よかったなぁ」と思ってもらえるかな。まぁるく閉じて、自分たちだけ、ハワイまで追っかけられたファンだけが幸せに思っているようでは、15周年記念の1年、成功とは言えないんじゃないかな……言葉は悪いけど、私、この頃の嵐さんで「がっかりした」ことや「心が折れた」ことは多いけれど、「満足した」こと、本当に少ないです……。



posted by りょう at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。